2017年マフラー規制の現状、Leovinceマフラーの車検受験資格

有限会社 ジャム

〒332-0004 埼玉県川口市領家5-7-25 

lv

2017年マフラー規制の現状、Leovinceマフラーの車検受験資格

JAMブログ

2017/07/29 2017年マフラー規制の現状、Leovinceマフラーの車検受験資格

国土交通省発表2017年のマフラー規制の事実、本当に厳しい取締りになります。

ministry-of-land-infrastructure-and-transport-and-issued-maintenance-instruction-on-unauthorized-remodeling-car-206-units20150831-1

*全国で街頭マフラー検査

 

 

2017%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a6%8f%e5%88%b61

 

 

特に罰金をよく確認してみて下さい

2017%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a6%8f%e5%88%b62

 

使用者は50万円以下の罰金ですよ!

マフラーなんか軽く買い替えが出来る罰則金が課せられます。

 

マフラーの他にも下記項目が含まれます。

*年式・型式にご注意下さい

 

・2次エア還元装置の有無 取外しの場合は上記に当てはまります。

・マフラー部分のSTD-O2センサーの取外・キャンセルしている場合は上記に当てはまります。

・エアBOXのブローバイホースの大気開放している場合は上記に当てはまります。

 

 

dsc_2519

整備不良では無く環境の問題から厳しい規制になりました。

しかし、どの時代にも規制に適合しているマフラーメーカーの存在があります。

 

 

海外でもレオヴィンチが過去のラインナップを見直し、
これかの規制に適合出来るようにブランドを一新。

img_5919

イタリアーミラノ Adler-Leovince社 マネージャーStefano氏と幾度の会議を行い

日本でレオヴィンチが公道を走れるように今後の対応・検討を約束してくれていました。

 

そして規制の厳しい日本の為にレオヴィンチ本社とJAMの協力、

違法性が無く公道で使用できるようにと時間はかかりましたが準備をしておりました。

 

 

その為、販売も縮小させて違法性が無い物として認可されるまで待ちました。

dsc_2968
この度、国土交通省と会議、Leovince本社との協力体制で公道走行認可、車検受験資格の取得が出来ました。

*並行輸入で販売されているLeovinceマフラーには受験書類・資料等はありません

 

dsc_3089

資料提供に協力してくれたleovince本社,協力各社さまのおかげだと思います。

 

車検受験を可能にする為の国土交通省との適合確認作業、話合いを行ってまいりました。

 

車検受験書類の付属、ジャパン仕様の新構造ー加速走行騒音 と e マークの証明が認められました。

dsc_3112

車検適合をうたっている製品はマフラーやランプ系など多くあります。

 

適合品 = 車検に必ず合格ではありません。

 

車検適合という意味が間違っていると言う事。適合品は規格のみで車検合格を保証する物では

ありません。仮にJMCA認定マフラーでも音量検査、排気ガス排出検査を受けて基準値を超えた場合は

不合格になります。

今までは基準不適合のマフラーを装着していた場合、陸運局のレーンに入れない、検査を行ってもらえない、

そう車検基準を充たしていない為、車検受験・検査資格無しの扱いでした。

 

今後、レオヴィンチマフラーは車検受験資格品、公道走行可能としてデリバリーを再開します。*一部モデルを除く

 

新体制のleovince(レオヴィンチ)社製マフラー、

正規ルート品は、欧州連合指令(EU指令)適合品表示 [ eマーク ] を取得しております。*一部モデルを除く
国内の道路交通法における加速走行騒音に関しては、ヨーロッパのこの規格に順次ますので、
加速走行騒音に関しては正規JAPAN仕様ーleovinceの製品はクリアー致します。*一部モデルは除く

company-1

またeマークはマフラー側にその記載がされております。

 

 

 

JAM(leovinc-JAPAN)から販売されるレオヴィンチには車検受験に必要構造・検査資料書類が付属されます。

*日本国内でシリアルナンバー管理されます。(並行輸入品にはありません)

*leovince-japan=JAM 国内販売元としてイタリア本社より指定・認定されております。

leovince_japan_jam1

並行輸入品が多く売られておりますが金額も高く、車検等の書類などもございません。

正規販売品 leovinceマフラーをお買い求め下さい。

 

騒音規制法平成22年規制 / 環境省、及び国土交通省からの告示により、加速騒音規制値の上限が82dB(原動機付自転車は79dB)
に設定され、マフラーを交換する場合はこの基準を満たしているかの確認が必要となりました。
なお、この平成22年規制によるオートバイのマフラーへの規制に関しては、その性能が確認をされ、また欧州基準適合などの
[ e マーク ] があれば、加速走行騒音が82dB以下であるとの判断となりその基準を満たした扱いとなります。
因みに [ e マーク ] が無いものに付いても、公的機関で構造確認、並びに騒音検査を受け加速騒音規制の基準を満たしていれば使用が可能です。

 

お洒落な高性能マフラー、そしてEURO4対応モデルのNewレオヴィンチも入荷します。

規制適合を今後も行って行きます。

 

rple-yr250

 

 

JAM-JAPAN(ジャムジャパン)
イタリア本社公認
ラピッドバイク ー ジャパン
レオヴィンチ ー ジャパン
オランダ本社公認
MWRエアフィルタージャパン

RAPiDBIKE Japan.MWR-Japan.Leovince-Japan.HEL PerformanceJapan.DynaPro-Japan.
KENTCAMS MC Japan.Wossner MC.Alientech.ITR.IRC.MOTORSCAN.
AUTOOL.Racetime.skidmarx.Powerbronze.Q8oils.VHM.
製品専用番号 048-227-2458 (JAM PartSalesDivision)
住所 〒332-0004 埼玉県 川口市 領家 5-7-25 2F
本社・事務所営業時間 AM10:00 - 18:00
定休日 火曜日、イベント出店日等

 

 

 

一般作業・サービス店舗
JAM co.,ltd. (ジャム)
作業依頼等 048-227-2462
店舗営業時間 AM10:30 - 19:00
定休日 火・水曜日、イベント・レース日等

TOP