2017モデル250ccでもエラーに注意

有限会社 ジャム

〒332-0004 埼玉県川口市領家5-7-25 

lv

2017モデル250ccでもエラーに注意

ショップブログ

2017/09/17 2017モデル250ccでもエラーに注意

dsc_3535

2017モデルからエラーのFIランプが機材無しには

消せなくなりました。勿論、250ccも例外ではありません。マフラーのO2センサーを外したまま間違えてIGキーONでもう消えなくなります。

※写真はVersys250X-2017

 

以前のヤマハ等は元に戻して少し走行すれば消えたり、IGキーをON,OFF操作を繰り返したり、バッテリーを外したりで消えました。

 

今回のモデル、Versys250XはOBDでは無く専用テスターが必要なモデル。

img_20170917_202027

JAMは各種メーカー業務を多岐に渡り行っているので各種メーカー機材をスタンバイして対応しているので安心です。国内外のモデル全てに対応可能。

 

 

dsc_3537

エラーコードを確認、読み出しを行います。

 

内容を確認して、dsc_3538

点検、診断、車検時の定期点検や履歴確認等全てが表示されるので複数表示、エラーが格納されている場合があります。

 

今回は新型のテスト車輌なので

img_20170917_202010

イレース完了!

 

メーターを確認!

dsc_3540

無事にエラーログがイレースされて元に戻りました!

 

メーカー毎やモデル毎、年式でも違うので毎回調べるのが大変です。近年のモデルの電気作業やセンサー関係作業は個人でやらずにご相談、ご依頼下さい。

 

業者様には機材の案内も行ってますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

一般作業・サービス店舗
JAM co.,ltd. (ジャム)
作業依頼等 048-227-2462
店舗営業時間 AM10:30 - 19:00
定休日 火・水曜日、イベント・レース日等

TOP