JAM【ジャム】 埼玉県川口市のバイクショップ|RAPiDBIKE【ラピッドバイク】 キャブレター・インジェクションセッティング DIMSPORT

  • TOP
  • 会社情報
  • 整備・車検・点検
  • カスタム
  • ギャラリー
  • ブログ
  • メディア
  • お問い合わせ

NewWEB工事中の為、
旧JAMウェブはここから

インジェクションセッティング

インジェクションチューニングのススメ

インジェクションについてとアドオンモジュールの必要性
インジェクションとは、バイクの場合主にフューエル・インジェクションシステム(電子制御燃料噴射方式)の事をいい、 これまで主流だったメインジェット及びジェットニードル等のジェットの番手などジェット類で混合比を調整するキャブレター方式に変わって、 ECUと呼ばれるコンピューターで回転数や排気ガスのCO2レベルなど各種センサーを感知して燃料を噴射するシステムです。

データーを更新するにはかなりのリスクが…
これまでのキャブレター方式だと、マフラーやエアフィルターの交換をする場合、キャブレターのセッティングが必要になるケースがありました。
これはインジェクション車においても同じで、本来であればマフラー等を交換する場合はインジェクションのセッティング、つまり燃料噴射量の変更が必要になる場合があります。
ただし、キャブレター車と違うのは、燃料の噴射量をジェットの番手で変えるのではなく、コンピュータのデータを変更して噴射量を決定します。しかし、回転数や点火タイミングなど あらゆるセンサーでデータを感知して管理している純正のECU自体のデータを書き換えると基本となるデータが喪失してしまう事など、データを変更するにはかなりのリスクが生じてしまいます。

STD−ECUフラッシュ作業には多少のリスクが生じます。都度のデーター変更には不向きな構造です。
最悪の場合、内部ショートで故障する場合があります。そこでJAMは提案します。

ベースデーターをもとに燃料噴射量を変更するシステム そこで登場するのが、アドオンと呼ばれる別体のモジュールでECUから送られてきたデータをもとに燃料噴射量を変更するシステム ― DiMSPORT社製の RAPiD BIKE(ラピッドバイク)システムです。




 

 

インジェクション車両のセッティング作業


近年のハイパワー車両には大変危険の伴う作業に対応すべくJAMは考えました!

2016年よりUKより最新鋭DYNOマシン”Dynaproダイナモメーター”を導入・稼働しております。
近年のSSモデルにも対応すべく搭載されている世界初RAMエアコントロール機能を装備!
もちろんリターダーも装備しております。

最高峰アドオンモジュール” ラピッドバイク ”の性能をテーラーメイドで仕上げます。

下記参考価格表

基本工賃 車検対応仕様 レース仕様車(非車検)
基本1MAP製作費 ¥50000 ¥60000〜
RAPIDBIKE取付のみの作業 ¥〜15000〜 ¥10000〜
MWRエアフィルター以外 +¥3000〜 +¥5000〜
オプションパーツなど その他
MyTuningBike&O2センサー溶接
(チタンの場合別途ボス代 8000円)
マフラー脱着・溶接¥12000〜
シフタ‐取付 ・ YOUTUNE取付など
各¥8000〜

*Dynaproダイナモメーター計測のみ受付開始 (要予約制) 1計測 8000円

 

 

 

 

Project & Factory JAM【ジャム】 お気軽にお問い合わせ下さい 電話番号:048-227-2462